〜 面打師 叶 〜 Websiteへようこそ!!

能面と狂言面 仮面の制作と修復 面打師 叶 忠鷹 Tadataka Kano Website

花粉襲来

ようやく寒さも和らぎ、春の兆しも感じられます。そして、お決まりの花粉襲来のシーズン。集中の必須な手仕事・手作業には辛い御方も居られるかとも思います。無理をせず、お医者様にかかり、愉しんで参りませう。

 

                            叶 忠鷹                               
                       平成二十九年 三月 

ごあいさつ

 

室町時代中頃より江戸時代末期頃までは、各家に於いて世襲制として代々継承されて来た「面打・めんうち」という家業でしたが、能楽の衰退と共に当然面打家業は衰退し、途絶えました。そして、明治時代に入り、新たにこの道を志した先人がいらっしゃり、現代世襲制は崩壊しましたが、「心の継承」が成されて御座居ます。

 

修業して参りました事を、インターネットを通じて、手軽に皆様に伝えられる事は、非常に有り難い事です。御興味ある方も、偶々の方も「一期一会」で御座居ます。どうぞ、ごゆるりと御愉しみさいませ。

 

能・狂言の舞台に華を添える道具「能面・狂言面」には、一面一面に奥深い精神性が御座居ます。表情の種類も多く、数百種御座居ます。基礎が完成された室町時代より大きく変わらない内面性・造形の仮面です。現代の能舞台にも生き続けて居ます。

 

ユネスコ無形文化遺産にも認定されました「光と陰の物語」。その歴史ある、能・狂言の曲に準じ、色気ある面は美麗に、険しく厳しい面は荘厳に、表面的な造形にならぬ様、精神性の欠けぬ面打を志して居ます。

「業(ごう)を打つ」

「面を打つ」と書いて「面打」

 

能面は「無表情」と言われますが、違います。無限過ぎて「無」になって居るのです。

 

能面・狂言面は「木」で制作致します。そして、制作する事を面打(めんうち)と言います。「彫る」と言わず「打つ」と言い、「おめん」と言わず「おもて」と言います。伝統有る仮面制作ですので、表面的な工作では無く、先人が創り上げて来た「心」を継承し「打ち込む」・「打ち表わす」事から言われます。そして、その「無限の心」が逆に「無表情」にも観える「喜怒哀楽ある仮面」と成り、自然界の雄大さや、心のありようを表現する能舞台に於いて用いられます。

幽妙之面

御要目

English