〜 面打師 叶 忠鷹 〜 Websiteへようこそ!!

能面と狂言面 仮面の制作と修復 面打師 叶 忠鷹 Tadataka Kano Website

〜 更新履歴 〜

2017年

 

<ブログ>

  • 11月9日 「珍・野暮語り」
  • 11月5日 「珍・野暮語り」
  • 10月22日 「珍・野暮語り」
  • 10月10日 「珍・野暮語り」
  • 10月1日 「珍・野暮語り」

 

<その他のお知らせ>

  • 10月13日

    様々な「ご案内」や、個人的な「ものづくりの考え方」などを「気まま」に伝える、「Facebook」のページを追加致しました!

     

    「ややこしい専門的な内容」も少々ばかりございますが、シンプルを大切に「アドバイス」や「ざっくばらん(笑)」な考え方を述べて参ります。

     

    ※当サイトに関する内容をご引用される場合、お気軽にお問合せくださいませ。

     

    また、気が向いた際は、「フォロー」や「いいね」をして、ご自由にお愉しみ下さい!

     

    お陰様で「面打・人生15周年」を迎えました!ぜひ、今後とも伝統と深い歴史ある日本独自の技「木彫と面打」をお愉しみ下さいませ。

  •  

  • 8月23日 「ご案内」
  • 8月1日 「ご案内」

心を作るって愉しい!!

 

 

「木彫・能面制作」の修復・受注制作をはじめ、皆様の人生のお愉しみの「教室」を開講して居ます。

 

素敵で面白く、不可思議な日本・仮面の幽妙美を心行くまでご堪能下さいませ。

 

「容易な事や難しい事、当たり前やそうでは無い事。」

 

地道な手作業ではございますが、室町時代より伝わる伝統と歴史有る能面制作が「面打」です。

 

この全てが便利な現代に、戦国時代の大名や侍が居た、その当時の面打師の仕事と同じ工程を辿って行くと言う事は、本当に不思議で面白い事だと実感して居ます。

 

また、新鋭の様々な木彫や創作面、いずれでもご指南致して居ます。

 

「木(気)難しく」無いから面白い!

 

日々を忘れ、じっくりと「己の心」と向かい合う素敵な時間でもございます。正に「面と向かう」と言う事です。

 

教室に於きましては、好きだった事、憧れていた事、やりたかった事、現役の頃には叶わなかった事、第二・第三・・・それぞれ皆様の人生のお愉しみのお役に立てれば、幸いでございます。

 

ですが、手作業での「木彫やものづくり」は、集中力も必要です。

 

ややこし過ぎますと、きっと誰でも疲れてしまいます・・・・・ので、実に爽快(!?)な冗談も踏まえ(??)「シンプル」を大切に、作品や教室など、これまた、勝手気ままに綴る「珍・野暮語り」なんぞもございます。

 

「一笑研鑽」

 

既に、教室に通われていらっしゃる方は、制作の御手を休め、一時のご笑覧をば。はたまた、ご興味ある方もそれぞれにお愉しみ下さいませ。

 

                           叶 忠鷹 拝

 

                            

 

幽妙之面

ご要目

English