不思議な魅力のある仮面をご紹介しております

幽妙之面の魅力を
>

 

美しい仮面のご紹介

 

〜 幽玄の魅力 〜

 

こちらのコーナーでは「幽玄(ゆうげん)」と呼ばれる、美しい妙味ある仮面のごく一部を画像と共にご紹介しております。

 

様々な種類がありますので、意味合い・表情・造形・色彩の違いも併せてお愉しみ下さい。

翁(おきな)

 

天下泰平・五穀豊穣を祈念した、神聖な儀式的要素のある一曲に用いられる面です。

 

ふくよかな相貌で神様らしい温和な表情に魅力があります。能面の中では珍しく、顎がカタカタと動く仕組みになっており、動きを感じさせる一面です。

 

「翁」は格別な一曲である為、能舞台では中々お目に掛かれるチャンスが無い「能楽の象徴的な仮面」でもあります。

〜 仮面あれこれ 〜

 

能面・狂言面には数多くの種類があり、どれもが異なる素晴らしい表情をしております。または、創作性ある作品ですと違った魅力もあるでしょう。

 

仮面の表情を観ているだけで落ち着いた心となったり、嬉しい気持ちになったり、といった素晴らしい魅力も私達に感じ与えてくれます。

 

文化遺産になっているの??

 

能面・狂言面は600年以上前より存在し、2008年にはユネスコ無形文化遺産に認定された「能楽(のうがく)」という日本屈指の伝統芸能に用いられて参りました、木彫で生み出されている仮面です。

 

幸福感ある話や怖い話まで多岐に渡る演目がある為、それに付随して数多くの仮面が数百年も昔より、大きく変わらずに存在しております。

 

また、他にオリジナル作品も制作しておりますので、その一部もご覧下さい。

 

 

いずれの仮面も日本画材を使った「彩色(さいしき)」という着色技法を施している作品です。

 

大きさはどれも異なり、一番小さな創作品ですと手の平に収まるサイズで作られております。

 

一般的な仮面ですと縦のサイズが七寸(約21pほど)で幅が四寸五分(約14pほど)、大きい作品であれば横のサイズが20pを超える仮面作品もございます。

 

 

全ての作品に個々の意味があったり、表現の相違があったりと魅力的な作品ばかりを掲載しております。

 

独特な技法で各種・絵具を塗っておりますので、ライトによって観え方が異なる点も伝統の仮面ならではの魅力です。

 

それでは、拙作をご笑覧下さいませ。

Other articles also enjoy!

能之神霊面

三日月(みかづき)神や武将の亡霊として、能「養老(ようろう)」「船弁慶(ふなべんけい)」などに用いられます。眼には金冠(金属を加工した物)を嵌め、より霊性を高めた面です。中間表情を強く感じさせる、魅力ある一面でしょう。泥眼(でいがん)眼に金泥を差す事からの名称です。般若になる前の六条御息所(ろくじょ...

≫続きを読む

 

能之男面

中将(ちゅうじょう)行き暮れて 木の下影を宿とせば花や今宵の主ならまし戦に負けた武将や優雅な貴族として、数多の表情が存在致します。能「忠度(ただのり)」「清経(きよつね)」「融(とおる)」などに用いられます。十六(じゅうろく)一の谷の戦いで討たれた平家の武将として、様々な役柄に用いられます。名称通り...

≫続きを読む

 

能之尉面

笑尉(わらいじょう)年老いた漁師などの亡霊として、能「鵜飼(うかい)」「融(とおる)」などに用いられます。露骨な表現は削ぎ落としているのが能面の特徴ですが、こちらは珍しく、うっすらと笑みが表現されております。朝倉尉(あさくらじょう)平民の年老いた男性の相貌です。尉系統にも多岐に渡る種類があり、位が分...

≫続きを読む

 

能之女面

小面(こおもて)肉付きがよく、ふっくらとした表情で若さを感じさせる女面です。能「楊貴妃(ようきひ)」「井筒(いづつ)」などのシテ(主役)や花の精、ツレ(連れ役)など多様に用いられ、相貌も多岐に渡り存在しております。増女(ぞうおんな)増阿弥(ぞうあみ)という人物によって創作されたと伝わる面で、こちらは...

≫続きを読む

 

能之怨霊面

痩男(やせおとこ)恋に破れた深草少将(ふかくさのしょうしょう)や地獄を彷徨う猟師として、能「通小町(かよいこまち)」「阿漕(あこぎ)」「善知鳥(うとう)」「藤戸(ふじと)」などに用いられます。「痩男」にも実に多くの型が存在し、色合いや雰囲気はまるで異なり、種類が多い点も特徴と言える能面です。河津(か...

≫続きを読む

 

能之鬼神面

小ベシ見(こべしみ)閻魔様として表現された力強い能面です。「ヘシム」という口の造形が一層と迫力を感じさせる凄味ある一面です。造形や彩色にも異なる種類があり、それぞれ印象が大きく異なります。猿ベシ見(さるべしみ)猿を模したベシ見系統の能面です。軽快さを感じる一面で用途も多岐に渡ります。愛らしささえ感じ...

≫続きを読む

 

狂言之面

小猿(こざる)狂言「靭猿(うつぼざる)」に於いて、可愛らしい子方(こかた・子供)によって用いられます。その為、寸法は小さく作られております。空吹(うそふき)「嘯く(うそぶく)」という言葉からの名称として伝わる仮面です。人間を化かす蚊の精として、狂言「蚊相撲(かずもう)」に用いられます。舞台上では、口...

≫続きを読む

 

神楽之面

天狐(てんこ)神様として用いられる白い狐面です。顎がカタカタと動く仕組みになっており、表情と併せて凄まじい迫力を感じる面です。全てを超越する神通力を備えた猛々しい相貌で観客を魅了します。外道(げどう)大きな寸法も手伝って強大なパワーを感じます。災いを起こす邪悪な存在として表現されておりますが、その一...

≫続きを読む

 

創作仮面

一寸法師おとぎ話に登場する「一寸法師(いっすんぼうし)」です。身の丈一寸(約3pほど)の男の子として、あどけなさの中に強さがあります。子猫下町の路地裏にいる、やんちゃなオスの「三毛猫(みけねこ)」です。般若 成れの果て国や文化によっては神格化されているドクロ。そして、骸骨になっても忘れられぬ、般若で...

≫続きを読む

 

作品の修復

仮面の修復について自然素材を用いている場合、あらゆる仮面は修復可能です。一般的には絵画を手で触る事は少ないでしょう。同じく能面・狂言面などの仮面は「木の上に日本画がくっついている状態」ですので、過度に素手で触ったり、過剰な熱・水分等を受けたりする事に対してはめっぽう弱いです。昔は屋外での演能、そして...

≫続きを読む