様々な魅力ある、女性の仮面をご紹介しております。

女面
>

様々な女性面をご覧下さいませ。

小面(こおもて)

 

肉付きがよく、ふっくらとした表情で若さを感じさせる女面です。能「楊貴妃」、能「井筒」などのシテ(主役)や花の精、ツレ(連れ役)など多様に用いられます。


泣増(なきぞう)

 

増阿弥(ぞうあみ)という人物によって創作されたと伝わる面です。気品と気高さから、能「羽衣」、能「楊貴妃」など様々な曲に用いられます。


若女(わかおんな)

 

理知的な成熟した女性です。作者によって表情も多数存在し、能「井筒」、能「半蔀」、能「熊野」、能「野宮」など多用に用いられます。


孫次郎(まごじろう)

 

1500年代頃の金剛座太夫・右京久次(別名・孫次郎)が亡き妻を偲んで打ったと伝記される面で、金剛流を代表する美しい女面です。


深井(ふかい)

 

母の情愛、子を失う悲しみを表現した面です。肉が落ち、内面的な表現から、能「隅田川」、能「百万」などに用いられます。


姥(うば)

 

気品のある年老いた女性の仮面です。能「高砂」、能「姥捨」、能「昭君」などに用いらます。


泥眼(でいがん)

 

眼に金泥を差す事からの名称です。般若になる前の六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の生霊として、能「葵上」をはじめ、能「海士」に竜女としても用いられます。

 

 


生成(なまなり)

 

能「鉄輪」の後シテ(後半の主役)に用いられます。まだ少し人間味の残る女面です。角が生えかけており、これから真の鬼女と化していきます。


橋姫(はしひめ)

 

生成と用途は同じですが、伝統として伝わる表情と内面性の相違をお愉しみ下さい。能舞台では五徳(三徳)を着け、女性の恐ろしさがより強調して表現されます。


般若(はんにゃ)

 

鬼の様な表情ですが、嫉妬・悲しみ・怒りなどの複雑な内面が凝縮された女性の「心の角」を具現化した面。能「道成寺」、能「安達ケ原」、能「紅葉狩」などに用いられます。