歴史を感じる男性面をご紹介しております。

男面
>

様々な男性面をご覧下さいませ。

中将(ちゅうじょう)

 

「行き暮れて 木の下影を宿とせば 花や今宵の主ならまし」

 

戦に負けた武将や優雅な貴族として、数多ある表情の選択により、能「忠度」、能「清経」、能「融」などに用いられます。


十六(じゅうろく)

 

一の谷の戦いで討たれた平家の武将として、様々な役柄に用いられます。名称通りに十六歳ですので、まだあどけない表情も感じられます。当時の貴族特有のお化粧である、歯に鉄漿(かね・おはぐろ)を差している男面です。


蝉丸(せみまる)

 

幼くして盲目として生まれた醍醐(だいご)天皇の子として、能「蝉丸」のツレ(連れ役)に用いられる専用面です。頭部の黒い墨は冠の端を描いたもので、位の高い人物に描かれる特徴です。


弱法師(よろぼし)

 

「全ては心に有り」

ありもしない事を言われて親に家から追い出され、悲しみのあまり盲目の乞食となる青年・俊徳丸として、能「弱法師」に用いられる専用面です。これ以外、他にも多くの種類が存在します。


童子(どうじ)

 

亡き武将の化身や不思議な力を持つ鼓打ち、700年生きる仙童として、能「田村」、能「天鼓」、能「菊慈童」などに用いられます。実際の少年とは異なり、妖精・精霊といった表現が必要な能面です。


邯鄲男(かんたんおとこ)

 

能「邯鄲」専用面ですが、気高さや品格の高さから神として、能「養老」にも用いられます。作者や型によっても多くの種類がありますが、こちらは内面性が強めに表現された男面です。


三日月(みかづき)

 

神や武将の亡霊として、能「養老」、能「船弁慶」などに用いられます。眼には金冠(金属を加工した物)を嵌め、より霊性を高めた面です。中間表情を強く感じさせる、魅力ある一面でしょう。


痩男(やせおとこ)

 

恋に破れた深草少将(ふかくさのしょうしょう)や地獄を彷徨う猟師等として、能「通小町」、能「阿漕」、能「善知鳥」、能「藤戸」などに用いられます。こちらにも実に多くの型が存在し、色合いや雰囲気はまるで異なる能面が多いです。


笑尉(わらいじょう)

 

年老いた漁師などの亡霊として、能「鵜飼」、能「融」などに用いられます。露骨な表情が少ないのが能面の特徴ですが、こちらは能面の中では珍しく、うっすらとく笑みが表現されております。


猩々(しょうじょう)

 

能「猩々」専用面です。親孝行した若者を褒めて舞い踊り、いくら汲んでも無くならない酒壺を授けるという動きのある曲目です。酒に酔い、真っ赤な顔をした妖精として表現された華やかな能面でもあります。