狂言面

狂言面
>

小猿(こざる)

 

狂言「靭猿」(うつぼざる)に於いて、可愛らしい子方(こかた・子供)によって用いられます。


空吹(うそふき)

 

「嘯く」(うそぶく)という言葉からの名称。人間を化かす蚊の精として、狂言「蚊相撲」に用いられます。舞台では、口にストロー状の和紙を付け、より蚊を連想させてくれます。


武悪(ぶあく)

 

滑稽でまぬけな鬼として、狂言「抜殻」、狂言「節分」などに用いられます。強い鬼、ユーモアのある鬼と様々存在致します。


賢徳(けんとく)

 

馬や牛や犬などの動物として、様々に用いられます。目線が面白く、大変素朴な面です。違う方向を向いた賢徳も存在致します。


祖父(おおじ)

 

狂言「枕物狂」(まくらものぐるい)に於いて、若い娘に恋をする老人として用いられます。歯は抜け、皺だらけで左右の相違も大胆な面です。

 


幽妙之面

ご要目

English