歴史を感じる男性面をご紹介しております

能之男面

男性面の魅力をご堪能覧下さい

中将(ちゅうじょう)

行き暮れて 木の下影を宿とせば

花や今宵の主ならまし

 

戦に負けた武将や優雅な貴族として、数多の表情が存在致します。能「忠度(ただのり)」「清経(きよつね)」「融(とおる)」などに用いられます。

 

十六(じゅうろく)

 

一の谷の戦いで討たれた平家の武将として、様々な役柄に用いられます。名称通りに年齢が十六歳ですので、まだあどけない雰囲気にも感じられます。当時の貴族特有のお化粧である、歯に鉄漿(かね・おはぐろ)を差している男面です。

 

蝉丸(せみまる)

 

幼くして盲目として生まれて来た醍醐(だいご)天皇の子として、能「蝉丸」のツレ(連れ役)に用いられる専用面です。頭部の黒い墨は冠の端を描いたもので、位の高い人物に描かれる特徴でもあります。

 

弱法師(よろぼし)

「全ては心に有り」

 

ありもしない事を言われて親に家から追い出され、悲しみのあまり盲目の乞食となる青年・俊徳丸として、能「弱法師」に用いられる専用面です。こちら以外、他にも多くの種類が存在致します。

 

童子(どうじ)

 

亡き武将の化身や不思議な力を持つ鼓打ち、または700年生きる仙童として、能「田村・たむら」「天鼓(てんこ)」「菊慈童(きくじどう)」などに用いられます。実在の少年とは異なり、妖精・精霊といった存在でもあります。

 

邯鄲男(かんたんおとこ)

 

能「邯鄲」専用に打たれた面ですが、気高さや品格の高さから神として、能「養老(ようろう)」にも用いられます。作者や型によっても多くの種類がありますが、こちらは内面性が強めに表現された男面です。

 

猩々(しょうじょう)

 

能「猩々」専用面です。親孝行した若者を褒めて舞い踊り、いくら汲んでも無くならない酒壺を授けるという動きのある曲目に用いられます。酒に酔い、真っ赤な顔をした妖精として表現された華やかな能面です。

Other articles also enjoy!

能之神霊面
神様や霊力を持つ心の像を表わした「神霊面」をご紹介致します。性別を超えた表現を込めて打ち表された能面です。
能之尉面
在りし日の想ひを語る、年老いた「とある男性像」を表わした「尉面」をご紹介致します。時空を超えた夢幻能に用いられる魅力ある能面です。
能之女面
「喜怒哀楽」を表現した、「女性面」をご紹介致します。まさに「幽玄」といった表情ばかりの魅力的な能面です。
能之怨霊面
怨念を表現した「怨霊面」をご紹介致します。恐ろしい「執念」という心を様式的に表しております。伝統として伝わる様式をお愉しみ下さい。
能之鬼神面
鬼や神様を抽象的に表現した「鬼神面」をご紹介致します。人間離れした能力を備える存在を表現している能面です。
狂言之面
ユーモアたっぷりの「狂言面」をご紹介致します。能面とは異なり、ユニークな表現が多々ある種類の仮面でもある為、とても面白いです。
神楽之面
各地で行われるお祭り用の仮面は、それぞれ特有の魅力が満載です。味わいある表情をお愉しみ下さい。
創作仮面
創作仮面や、置物等の様々な作品をご紹介致します。仮面作品とは異なる表現・表情をしており、意味合も異なって創作性に富んでいる仮面です。
作品の修復
江戸時代以前に打たれた「古面(こめん)」の修復をご紹介致します。歴史ある豊かな表情が蘇る、面白い作業です。