怨念性のある、恐ろしい仮面をご紹介しております

能之怨霊面

怨霊面の魅力をご堪能下さい

痩男(やせおとこ)

 

恋に破れた深草少将(ふかくさのしょうしょう)や地獄を彷徨う猟師として、能「通小町(かよいこまち)」「阿漕(あこぎ)」「善知鳥(うとう)」「藤戸(ふじと)」などに用いられます。「痩男」にも実に多くの型が存在し、色合いや雰囲気はまるで異なり、種類が多い点も特徴と言える能面です。

 

河津(かわづ)

 

亡霊として表現されている能面です。能「藤戸(ふじと)」に於いて、殺されてしまった瞬間的な表情を打ち表わしており、想定外の屈辱的な死を遂げた男性の相貌でもあります。能舞台では黒頭から覗く鋭い眼光により、さらに恐ろしく感じさせる不思議な魅力のある一面です。

 

生成(なまなり)

 

怖い話とも言える、能「鉄輪(かなわ)」の後シテ(後半の主役)に用いられます。まだ少し人間味が残る半分鬼の面です。角が生えかけており、これから真の鬼女へと化していきます。

 

橋姫(はしひめ)

 

生成と用途は同じですが、伝統として伝わる表情と内面性の相違をお愉しみ下さい。能舞台では五徳(三徳)を着け、女性の執念・恐ろしさがより強調して表現されます。

 

般若(はんにゃ)

 

鬼の様な表情ですが、嫉妬・悲しみ・怒りなどの複雑な内面が凝縮された女性の「心の角」を具現化した面。能「道成寺(どうじょうじ)」「安達ケ原(あだちがはら)」「紅葉狩(もみじがり)」などに用いられます。

Other articles also enjoy!

能之神霊面
神様や霊力を持つ心の像を表わした「神霊面」をご紹介致します。性別を超えた表現を込めて打ち表された能面です。
能之男面
武将・亡霊・精霊などを表わした「男面」をご紹介致します。将軍や、妖精として表現された魅力的な種類の能面もございます。
能之尉面
在りし日の想ひを語る、年老いた「とある男性像」を表わした「尉面」をご紹介致します。時空を超えた夢幻能に用いられる魅力ある能面です。
能之女面
「喜怒哀楽」を表現した、「女性面」をご紹介致します。まさに「幽玄」といった表情ばかりの魅力的な能面です。
能之鬼神面
鬼や神様を抽象的に表現した「鬼神面」をご紹介致します。人間離れした能力を備える存在を表現している能面です。
狂言之面
ユーモアたっぷりの「狂言面」をご紹介致します。能面とは異なり、ユニークな表現が多々ある種類の仮面でもある為、とても面白いです。
神楽之面
各地で行われるお祭り用の仮面は、それぞれ特有の魅力が満載です。味わいある表情をお愉しみ下さい。
創作仮面
創作仮面や、置物等の様々な作品をご紹介致します。仮面作品とは異なる表現・表情をしており、意味合も異なって創作性に富んでいる仮面です。
作品の修復
江戸時代以前に打たれた「古面(こめん)」の修復をご紹介致します。歴史ある豊かな表情が蘇る、面白い作業です。