面打に関する内容を愉しくご覧頂けます

「新・野暮語り」で伝統をエンジョイ!

NEW! #1 能面は何で作られているの? 2019年7月7日

New     New     New
イキナリですが、愉しいブログはこちらへお引越し致しました。相変わらずの不定期なUPと成るでしょうけれど、よろしくどうぞ!

 

さて、「能面の素材」についてイキナリ答えですが、正解は「木」です。これは我々が生まれる何百年以上も昔から変わっておりません。凄いですよね!

 

ちなみに↓が昨今話題のイキナリ・ステーキ

ボリューミィな美味しいお肉です!

 

能面・狂言面は「木彫と彩色」という、それぞれの工程を経て生み出されております。出来上がった作品を観ると、初めての方は「能面の素材って何だろう!?」と思うでしょう。そう思えば、「竹ですか?」「紙ですか?」と問われた事がありましたね。

 

彫り上がった木肌は多かれ少なかれゴツゴツとしていますので、研いで均しながら各種の日本画材を塗っていきます。その為、連続的な集中した永い時間が必要な工程でもありますね。

 

こちらは↓まだまだゴツゴツ感全開

香りは抜群!

 

場合によっては、へこたれそうになってしまう事があるやもしれません。ですが、そこは踏ん張りどころ。素敵な作品にする為には、色々な手を掛けて参ります。

 

やはり、イキナリ本物の能面は出来ないのですね。ただ、明けない夜はありません。明けない梅雨もありません。(本日、雨の七夕は少々寒いです)

 

巷にはプラスチック!?製の大量生産品もございますが、やっぱり1点物の本物を目指す木彫&彩色作品の制作には特別な魅力があります。素敵な作品は観ていて飽きません。心躍るような作品がある日々の生活は、やはり愉しさ倍増と相成ります。

 

そう言えば、これまでのブログは「珍・野暮語り」という謎のタイトルでした。今回のお引越に際して改名しようかと思いましたが、何と・・・完全に気に入ってしまいました、はい。ただ、せめてもと「新・野暮語り」へ・・・(笑)。

 

何とも言えないダサさがあり、筆者にとっては愛着があります。今後も私なりで、相変わらずに好きな事・面白い事など、作品を通じた内容で時折綴って参ります。どうぞお愉しみに!

 

〜 編集後記 〜

能楽の代表的存在でもある女性面は、やはり美しい。独特な魅力があるので、「600年以上続く日本の伝統って凄い」と改めて思ふ今日この頃。